バルセロナ五輪 金メダリスト岩崎 恭子さん講演 ~Life Wellness Mastery

2018年7月26日セミナー

“今まで生きてた中で一番幸せです”

ご本人曰く「今でもよく言われることです」

このインタビューで一躍時の人になった

岩崎恭子さん。

1992年のバルセロナオリンピック、
女子平泳ぎ200mで競泳史上最年少となる
14歳と6日で金メダルを取った時のことでしたね。

その岩崎恭子さんが講演するイベントがあります!

Life Wellness Mastery
~ライフ・ウェルネス・マスタリー~
世界の富豪、経営者、企業家が
取り入れている新しい『富と健康』のつくり方、付き合い方

⇒詳細はこちらから

※このセミナーでは以下のものが手に入ります
❖生涯医療費を900万円以上節約する方法
❖万病の元ストレスを消し集中力を高める方法
❖40歳から始める賢いダイエットとトレーニング
❖アメリカのCEOが取り入れる完璧な休養の方法

生産性を最大値にキープするためには、
健康維持が土台になります。
なぜ、アメリカのエリートたちは筋トレを行うのか?
なぜ、海外のアスリートは睡眠を管理されているのか?
医療に莫大な費用がかかるからこそ、
発達した最新のパフォーマンスを維持し続ける
健康学が手に入る2日間!

バルセロナ五輪 金メダリスト 岩崎 恭子いわさき きょうこ

5歳で水泳を始めるとすぐに頭角を現し、
12歳で日本選手権出場を果たす。
1992年には14歳でバルセロナ五輪に出場し、
競泳史上最年少で金メダルを獲得した。

「今まで生きてきた中で一番幸せです」

金メダルを決めたレースの直後に語られたこの言葉は、その年の流行語にもなった。
その後、1996年にはアトランタ五輪に出場。
200m平泳ぎで10位の成績を残す。
1998年の引退後は、アメリカへ留学し、児童への水泳指導法を学んだ。

現在は、水泳の指導や普及活動に加え、メディア、トークショー、
執筆なども積極的に行っている。
特にオリンピック(シドニー、アテネ、北京、ロンドン)では、
元選手の視点から詳細な情報を発信するなどして活躍した。
2011年には第一子を出産し、母親としても奮闘している。

1992年:バルセロナ五輪 出場権獲得(五輪選考会100m、200m平泳ぎ2位)/ 1992年:バルセロナ五輪 金メダル獲得(200m平泳ぎ)/ 1996年:アトランタ五輪 200m平泳ぎ10位/ 2010年:第1回ユース五輪 競泳日本代表コーチ

【資格】
日本水泳連盟 基礎水泳指導員/日本赤十字社 水上安全法救助員/日本赤十字社 幼児安全法支援員

2018年7月26日セミナー

Posted by fukugyo@win